IMG_3944.JPG

そこから何が見える?

e029bc18d87c6453c211a2f10b0fec8c

 

タイトルで松本大洋が浮かんだ皆様、同世代です❤︎
さて。以前SNSで話題になったこちら。

 

勉強をなぜするのか親に訊いたときに、コップを指して「国語なら『透明なコップに入った濁ったお茶』、算数なら『200mlのコップに半分以下残っているお茶』、社会なら『中国産のコップに入った静岡産のお茶』と色々な視点が持てる。多様な視点や価値観は心を自由にする」というようなことを返され、 凝り固まった考え方は悪なのではなく損だ、というふうに教えてくれたのは助かりました。だから自由にやればいいんだ、ぶつかったらごめんなさいすればいいんだ。

 

…素敵な親御さんです。

 

ちょうど、お友達とも同じようなことを話していました。

 

学びにより多くのの見方を持つということは、

ひとつの『起きていること、起きてしまったこと(現実に、もしくは心の中で)』に対してたくさんの対処法をもつということ。

 

それは、心がとっても自由ってこと。

 

pittaが強く、ハートそっちのけでアタマが凝り固まることの多いわたし。

やわらかいアタマって、自分はもちろん他人も救うんですよね。

「ま、いっか〜大丈夫(^-^)/」って心強い!

 

世界も人も、本当に多面体。

一辺だけ見て決めちゃっちゃあ勿体無い。失礼。

(SNSと実際でキャラ違ったりするじゃないですか、

実は、逆に、SNSが本当のその人に近いのでは?と感じること多々。

自然体で人と接することって難しいですものね。)

 

真実をそのままに観る目(=VIVEKA、ヴィヴェーカ)と、

物腰柔らか、ふわふわのアタマがあれば、

人生を柔軟に乗りこなして行けそうです。

 

-what can you see from there?

 

 

Namasteॐ

 

 


IMG_3940

one at a time

 

one at a time = 一度にひとつのこと。

 

逆に不器用?というほど器用にできすぎているわたしたちは、

一度にいろんなことができちゃう。

 

街を見渡せば、歩いてる”だけ”のひとも、

食べてる”だけ”のひとも、

目の前の大切な人との時間を過ごしてる”だけ”の人すら、

なかなかいない。

 

昨日のおっきなまんまる満月。

手に届きそうなところに浮かんでいるのに、皆の目はスマホに釘付け。。

 

“いま経験していることをそのまま体験する” 時間を増やすのが

ヨガだったりマインドフルネスなんだと思う。

 

そう言う私も、もちろん、

気づけばmany many things at a time。。

 

それに気づいたときには、

「歩く、歩く」と一歩ずつ踏みしめて歩いてみたり、

「いーち、にーい、」と呼吸を数えてみたり。

手元の6×12センチメートルの世界から目線を上げると、そこに広がる視野の広さにハッとする!

 

「自分を大切にしましょう」ってわたしにとってはとっても難しくて、

でも、今という時間をまるっとじゅわっと味わい尽くす時ばかりは自分を大切にできてる気がします。

 

キラキラして、エネルギーに満ちているあの子やその子は皆、

額縁に入れた昨日でも実態の掴めない明日でもなく、

今をそのまま生きている気がします。

 

BE HERE NOW.

今という時間軸。ここという空間軸。

 

Namasteॐ

 


he’s Halfmoon , he’s PERFECT

 

今暮らしているお家のベランダから、お月様が見えます。

 

十五夜!満月!十六夜!スーパームーン!な月フィーバーからちょうど一週間。

今夜は下弦の半月。

 

満月よりも欠けた月が好きです。

 

FullSizeRender-4

 

ここ数日、価値観が揺るがされるような出来事があって、

砂山の様にちょっとずつちょっとずつ積み上げた自信がなくなりそうで、

 

でもお月様を見たら、満月じゃないからってうつむいてなんかなかった。

半分なのに堂々と美しかった。

私にとっては今日の方が綺麗だった。

 

見えていないだけであと半分は消えたわけじゃないのに。

 

本当はいつもその瞬間がパーフェクトなのに、

目に見えないからって未完成な気がしてしまうのは、

足りないと思ってしまう心の働きは、ヨガをする目的そのもの。

 

これが我々を苦しめるアヴィディヤ(=無知)の魔力。

 

まんまと忘れてしまったらいつでも、

ほとんどの夜には欠けたり隠れている、お月様を見よう。

 

大切な人にも、そうじゃない人にも、

そして自分の中にも、

見えない部分に隠れたまんまるお月様を見つけられる心を育てよう。

 

そんな秋の夜長。

 

hari om tat sat,

Namasteॐ