yoga teacher…?

 

お客様に「あさみ先生」と呼ばれるのが苦手です。笑

苦手というか恐れ多い。とんでもない。

 

本当に「先生」と呼ばれるべき方々を目の当たりにしているから。

 

肩書きもいつも迷うんです、

ヨガ講師?インストラクター?ヨガティーチャー?

同業者の皆様は何がしっくりきますか?教えて欲しい。。

 

わたしは気持ちのうえで、

自分のクラスを「practice(練習)」と「play(遊び)」に分けています。

どちらも「教えている!」感じではないです。

 

practiceの時は、お客様と一緒にヨガの練習をします。

ヨガという素晴らしい体験を少しでもシェアしたくて、

こんな練習どうでしょうと提案している感じ。

 

playの時は、一緒に遊んでいる気持ち。

「ヨガって楽しい!」、

子供みたいに夢中で。

 

ヨガクラスはエネルギーの交換だとよく言われます。

 

ヨガをお伝えする仕事がしっくりきている方は

与えるばかりでなく、また、

吸い取ってしまうこともなく(あってはならないことですが)、

与え受け取る循環がうまくいっているように思います。

 

そうでなければ、ヨガを伝えるという仕事は苦になってしまう。

そして、謙虚に学び続ける姿勢を貫いてこそ伝わるものがあります。

 

とは言え私はご存知、未熟な人間です。

 

先生風情で上からものを言おうものなら、

耳元で「驕っているよ。」と囁いてくださいませ。フジキくんばりに。

 

日々お客様から学ぶことは私のかけがえのない財産です。

今日も学びに感謝。

 

Namasteॐ

 


FullSizeRender-3

remove the glasses!

 

この道ーはー

いつかきたみーちー

 

 

歌いながら父と歩く。
少し距離を置いていた、父の実家の景色。

 

捉われていたマイナスの思いを除いた(色眼鏡を外した)途端、

景色が色濃く鮮明に見えた!

 

そして、

20年以上思い出すことのなかった思い出が湧き出た。

 

夏に家族で田んぼのあぜ道で見た蛍、

毎年お盆恒例のバーベキュー、

元気だった頃のおばあちゃん。

 

どこにしまっていたのかしら。

こんな楽しい思い出もあったのに。

 

私は本当にたくさんの色眼鏡や分厚い眼鏡を持っていて、

いつもどれかしらの眼鏡をかけている。

 

いろんな風に歪め着色した世界を見、

更にそこに勝手な感情を付け加え、本当の世界を見失う。

(それもまた、思い込みの顕れ。)

 

でも、全ての瞬間で「眼鏡をかけている」ことに気付ければ、

「眼鏡を外してそのままの世界を見る」選択肢が生まれる。

 

さらに

「顕微鏡を選んで微細に見る」こともできる。

 

先日be yogaの哲学講義でも、John Campbell先生が仰っていました。

yogaは、世界をありのままに認識するpowerfulな武器なのだと。

 

サマーディ(三昧、禅定)は顕微鏡であり、

そのレンズを通すことで肉眼では見えない世界の真実が見えるのだと。

 

そしてその瞬間は突然!

やってくるそうだ。

 

このホームページの副題ともいい感じに繋がりました。

world comes to the light!

いつか私にも、この閃きが訪れますように。

 

John曰く、

 

“ヨガを伝える者が人を助けることは、

自分自身を深めることによってのみ可能である”。

 
Namasteॐ


yoga beauté

 

yoga beauté.

ヨガは美しい、と思います。

 

この、Briohny Smyth のVideoが美しすぎて、

ずっと憧れているこのシークエンス。

 

————————————————————————

 

Barasana チャイルドポーズ

Adho Mukha Svanasana ハンドスタンド

Urdhva Mukha Svanasana アップドッグ

Adho Mukha Vrksasana ダウンドッグ

Uttansana ウッターナサナ 立位体前屈

Malasana Ⅰ マラーサナ 花輪

Bakasana バカーサナ 鶴

Salamba Sirsasana Ⅲ サランバシルシャサナ 支えのある頭立ち

Urdhva Padmasana in Sirsasana シルシャサナにおけるパドマサナ

Eka Pada Kaundinyasana Ⅱ 賢者カウンディンニャへ捧げる

Ganda Bherundasana ガンダベルンダサナ

Rajakapotasana ラージャカポターサナ 鳩の王

Barasana チャイルドポーズ

 

————————————————————————–

 

辿り着くまでは、まだまだタパス(=苦行)が必要です。

 

日々の努力を積み重ねる。

 

Namasteॐ