img_6345.jpg

ゆえに、私はしあわせ。

 

ヨガクラスに通われた経験がある人ならきっと一度は聞いたことがあるはず。

「周りと比べないでください」。

 

私もヨガが初めての方には言うことが多いです。

なぜなら、「人と比べない」心を手に入れることは、エコに幸せになる第一歩だと思うから。

学校で、スポーツで、会社で、比べるのが当たり前の中で生きるすべての人に、

「比べなくて良い」ってヨガこそが伝えるべきだと思うから。

 

分かっていても比べちゃうものですけどね。

私も初めての妊娠を経験する中で、心のアンテナは外へ外へと向きがちです。

 

「あの妊婦さん綺麗。なんで太ってないの、、」←私が勝手に体重オーバーしてるだけ

「赤ちゃんの寝る場所って皆どうしてるの。正解教えてGoogle先生!」←正解なんて無いのにね

「え、皆モーツァルト聞かせるの?絵本読むの?」←うちの子はロックに反応します

「夏でもレッグウォーマーと腹巻きは必須だよ!」←この猛暑に何を、、毎日ビーサンですよ、

 

気にしだしたらキリがないほど、世の中はシステマティックなモノサシで全てに順位やマルバツをつけます。

 

ヨガを続け簡単に揺さぶられることは無くなってきたけれど、久しぶりにアンテナ外向き症候群の焦燥感を思い出しました。

happyではないし、顔もブサイクになる気がしませんか?スマホ見すぎるからかな。

 

そしてある時ふと立ち止まり、アンテナをまた自分向きに180度回転させました。

 

するとその瞬間、100%満ち足りている自分を見つけ、

「大丈夫。私にはいつも私がついているし、この子に必要なことは耳を澄ませば聞こえるのだから」と心が軽くなりました。

 

アンテナを自分に向けられるということは、

幸せの基準、成功の基準、安全の基準、善悪の基準、ベストな選択肢、それらを全部自分の中に持つということ。

 

ヨガのポーズは人それぞれ違います。

特に私の学ぶイシュタヨガでは個性を大切にしています。

 

マック久美子師の言葉で最初に印象に残っているのは、「ご自身のヨガをしてください」でした。

 

それは全てに通じていきます。

自分の人生を、自分の基準で生き抜く。

それさえ忘れなければ、きっとどんな時も100%満ち足りることができます。

 

自分が自分として存在して、自分にしか出来ない感じ方で今日も生かされている。

「ゆえに、私はしあわせ。」

 

Namasteॐ