yoga teacher…?

 

お客様に「あさみ先生」と呼ばれるのが苦手です。笑

苦手というか恐れ多い。とんでもない。

 

本当に「先生」と呼ばれるべき方々を目の当たりにしているから。

 

肩書きもいつも迷うんです、

ヨガ講師?インストラクター?ヨガティーチャー?

同業者の皆様は何がしっくりきますか?教えて欲しい。。

 

わたしは気持ちのうえで、

自分のクラスを「practice(練習)」と「play(遊び)」に分けています。

どちらも「教えている!」感じではないです。

 

practiceの時は、お客様と一緒にヨガの練習をします。

ヨガという素晴らしい体験を少しでもシェアしたくて、

こんな練習どうでしょうと提案している感じ。

 

playの時は、一緒に遊んでいる気持ち。

「ヨガって楽しい!」、

子供みたいに夢中で。

 

ヨガクラスはエネルギーの交換だとよく言われます。

 

ヨガをお伝えする仕事がしっくりきている方は

与えるばかりでなく、また、

吸い取ってしまうこともなく(あってはならないことですが)、

与え受け取る循環がうまくいっているように思います。

 

そうでなければ、ヨガを伝えるという仕事は苦になってしまう。

そして、謙虚に学び続ける姿勢を貫いてこそ伝わるものがあります。

 

とは言え私はご存知、未熟な人間です。

 

先生風情で上からものを言おうものなら、

耳元で「驕っているよ。」と囁いてくださいませ。フジキくんばりに。

 

日々お客様から学ぶことは私のかけがえのない財産です。

今日も学びに感謝。

 

Namasteॐ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>