image1-6

イーシュヴァラ・プラニダーナ

 

好きな英会話シリーズ。

 

“I have good news and bad news.

Which one do you wanna hear first?”

−良いニュースと悪いニュース、どっちから聞く?

 

みなさん、2016はどんな1年でしたか?

お家と体と、心の大掃除は済みましたでしょうか。

 

わたしの2016年は、これまで生きてきた中での最大のgoodnewsと最大のbadnewsがいっきにやってきました。

まるで嵐のように、試されているように、

そして強く踏み出せと背中を押されているように。

 

新しい命の予感に包まれて眠りについた数時間後には、怖い夢を見て泣きながら起きることも多々。

 

でもどれほどのgoodnewsもbadnewsも、けっきょくは起きてしまった結果でしかありませんでした。結果

 

ヨガにはイーシュバラプラニダーナという教えがあります。

「神への降伏」、言い換えると「ベストを尽くし、でも結果は自然の摂理、大きな力に委ねる」ということ。

結果を委ねる、という部分がフォーカスされやすい教えですが、ある時気付きました。

本当に難しいのは、結果を委ねることよりも、

結果は自分では決められないのにも関わらずベストを尽くす」ことだと。

 

恋愛も、妊娠出産も、人の生き死にも。

私たちの力の及ばないところに答えがあります。

それでも尚、ベストを尽くすこと。

そこに人間としての強さがあるのではないかと思うのです。

 

先日オットがわたしの誕生日に、初めてのショートケーキに挑戦していました。

手も顔も生クリームにまみれて、どんなに上手くいかなくてもその瞳は真剣そのもので。

その姿は逞しく、尊いなぁと思いました。

 

最近はゆとり世代に代わって悟り世代とか聞きますけども、一歩間違うとベストを尽くさずして諦めることにもなる。

「もう私、知ってるよ」って顔して通り過ぎると、ちょっと勿体無いですね。

そして、それはイーシュバラプラニダーナとは違います。

 

恥ずかしがらずに必死に食らいつき、最後だけは委ねる。

そしたらどんなgoodnewsもbadnewsも、案外受け入れられる気がします。

 

な〜んでも良い。

何があっても大丈夫。

でも、今を必死に生きる。

 

今年も残り数日ですね。お疲れ様でした。

そろそろのんびり過ごしましょ。

 

Nama〜ॐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>